奏でてみました




色はつけるものではなく、奏でるもの

とアドバイスを頂き、奏でるって素敵なひびきと、筆を持つと

2度目からの色を、どうすればいいのか、さっぱりわからなくて、

私の好きな音楽を聴いたり、そのDVDを観たりしていると、確かに

演奏家は、ただ弾いているだけではなく情緒たっぷりで演奏しています

緩急、強弱をつけ、半音上げたり下げたり、ビブラートを使ったり、

分かったような分からないような・・・取りあえず、いつもと違う色も

使って、影の入れる部分をいつもと違う所に入れたり、消して描いて、

消して描いて2度目を描きました。 秋の暖かい日差しを受けていると

イメージしながら。もう一度ライラックを入れて焼成してみます。








自分のために…
大切な誰かのために…
一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけのもの。
一緒にポーセリンペインティングの世界を楽しんでみませんか?
lessonご案内 ☆☆☆




ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセリンペインティングへ
にほんブログ村




松竹梅の箸置き




松竹梅の箸置きが出来上がりました。

シーボルトの『フローラヤポニカ』から参考にしました。

3人家族様と聞き、松竹梅しかないと思い、線描きし

色をつけ、華やかさを増すのに金液も所々に

付けました。 お送りしましたら、とても

気に入っていただき、お正月が待ち遠しいと仰っていただき

心から嬉しく思いながら、どんな、お祝いの膳になるのかな?と

ワクワク妄想しています。







自分のために…
大切な誰かのために…
一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけのもの。
一緒にポーセリンペインティングの世界を楽しんでみませんか?
lessonご案内 ☆☆☆




ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセリンペインティングへ
にほんブログ村




紅梅の重箱作成1日目




先日『せんの会』の、お節レッスンで、宝箱箱の様なお寿司を入れた

紅梅の重箱を気に入って下さってオーダーしていただきました。

今日朝一番に重箱が届き、トレースして枝と花びらを描いて、

集中力が切れたので、一日目は終了します。

あと、がくと、おしべ、めしべを描いて一度目の焼成をします。


DSC_0946.jpg


この本は柴田是真の明治宮殿の天井画で、図版は東京芸大美術館から

提供されたものです。 私はトレースが少し苦手なので、1つ山を

越えたかなと思っています。こういう細かい絵だと、同じ所を

2度、たまには3度トレースすることがあるからです。

1度目の焼成後、「えっ、こんな風に描いた?!」と思うことは

数知れずあり、お窯に入れる前に何度も確認したのに・・・

出来上がるまでに、あと、二山、三山あるのでしょう。











自分のために…
大切な誰かのために…
一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけのもの。
一緒にポーセリンペインティングの世界を楽しんでみませんか?
lessonご案内 ☆☆☆




ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセリンペインティングへ
にほんブログ村





昨日のレッスンのお八つ

IMG_20171015_085748.jpg


昨日のレッスンのお迎えは、9月に使ったノブドウがイイ感じの

枯れ感だったので、色を合わせて柿のプレートを添えて。

そして、お八つは毎年栗の季節に岐阜の義妹が送ってくれる栗のお菓子。


DSC_0921.jpg


「ほんの ひと口 秋を お届けします」との一文と共に、

右から栗粉餅、栗きんとん(栗きんとんは毎年違う和菓子屋さん)、

岐阜で行列が出来る黒糖わらびもち(わざわざ並んでくれたようです)

右上のお煎餅は妹の福岡出張みやげの、めんべい辛口です。甘い物の

後は辛い物、辛い物の後は甘い物・・・ずーっと続きます。

皆さん一口食べる度に「おいしい~」「これは初めて~」

「良く出来たお嫁さん~」と賑やかなこと!

食べてばかりではありません、ちゃんとレッスンもしています。







自分のために…
大切な誰かのために…
一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけのもの。
一緒にポーセリンペインティングの世界を楽しんでみませんか?
lessonご案内 ☆☆☆




ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセリンペインティングへ
にほんブログ村





箸置きは「フローラ・ヤポニカ」から




昨年12月に依頼された羽子板の箸置き、来年の元旦には

間に合うように描き始めました。 3人家族様とのことですので

縁起物の○○○に決め線描きをし、焼成しました。写真の線描きは

よく見えませんが、シーボルトの「フローラヤポニカ」を参考に

しました。 西洋医学を伝えたシーボルトは、大の日本贔屓で、

美術品だけではなく、歯ぶらしや卵焼き器、おろし金などの

生活に使っている日常品などを持ち帰国されるほどの、どちらかと

言えば『日本おたく』だったらしいです。

水引に見立てた金線も描く予定で、出来上がりを想像すると

ワクワクしています。







自分のために…
大切な誰かのために…
一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけのもの。
一緒にポーセリンペインティングの世界を楽しんでみませんか?
lessonご案内 ☆☆☆




ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポーセリンペインティングへ
にほんブログ村




プロフィール

梅田裕子

Author:梅田裕子
ポーセリンペインティングで心に安らぎと美しさを。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR